お金

どうもこんにちは!管理人のYouです!

今回は【ユーチューバーの収入にかかる税金の仕組み】を解説していきます。

実際にYoutubeに動画投稿をしている人なら気になるであろう「税金」の存在。

「全然稼げていないんだけど、私も税金を納めなくちゃいけないのかな?」

「ちょっとしか貰ってないし、知らなかったふりをしておこう」

そんな風に思ってるユーチューバーも多いかもしれません。

でも正直ちょっと不安になっちゃいますよね。

なので今回はみんなが安心して楽しく動画投稿できるように、【ユーチューバーの収入にかかる税金の仕組み】を解説していきます。

スポンサードリンク

ユーチューバーの収入には税金ってかかるの?

まず結論からお伝えしますね。

ユーチューバーの収入には税金がかかります!

「えええええええええ」と思われた方も多いかもしれません(笑)

ただこれは条件に当てはまる人だけです。

反対に条件に当てはまる人は「確定申告」というものを出さなければなりません。

確定申告とは何かというと、「私はこれだけ1年間でお金をもらいました」ということを、国に対して申告する書類のことを指します。これによってどの人にどれだけ税金を課すべきかわかるんですね!

じゃあ条件に当てはまる人っていったいどんな人なのか?

・専業で、収入が38万円を超える人

・副業で、収入が20万円を超える人

この2つのうちどちらかに当てはまる人のことです。

・専業とは、それ以外から収入を得ていない人のことです。ここで言えばYouTube以外の収入がない人のことですね。例えば主婦学生がそれに当たります。

・副業とは、それ以外からも収入を得ている人のことです。ここで言えばYouTube以外の収入がある人のことですね。例えば会社員などがそれに当たります。

またそれ以外に確定申告が必要な特別なケースがあります。

例えば、2ヶ所から給与所得を得ている場合、年収が2000万円を超えている場合、住宅ローン控除・医療費控除などを受ける場合などは、YouTubeの所得に関わらず確定申告が必要となります。
※詳細に関しては国税局のページをご覧ください。

スポンサードリンク

 

ユーチューバーの収入は事業所得?雑所得?

確定申告を作成する場合、収入はどこかの「○○所得」というジャンルに分類しなければなりません。
(例)これは「ニンジン」だから「野菜ジャンル」に分類しなきゃ!みたいな感じです。

でもたまに、どの「○○所得」として分類するべきか悩むときがあります。
(例)これは「アボカド」だから「野菜ジャンル」か「フルーツジャンル」か悩む!みたいな感じです。

それがこの「事業所得」と「雑所得」というジャンルです。

一般的にYouTubeから得た収入はこのどちらかに分類されます。

どちらで申請するべきなのかという明確な基準は難しいのですが、国税局からの正式な回答としては下記のように言われています。

事業所得としての副業は、営利性・有償性・継続性・反復性があるか、精神的あるいは肉体的労力の程度や人的・物的設備があるか、また、社会的地位・生活の状況などを考慮して判断します。加えて、その事業が生活の糧となるものか、一般的に職業として認知できるかも判断材料となります。(国税局)

[※2013/03/14 マイナビニュースより引用]

うーん、難しいですね(笑)

一応ざっくりとしたそれぞれのイメージとしては、

・事業所得は、本格的な仕事から得た収入で、金額の規模が大きい

・雑所得は、片手間の作業から得た収入で、金額の規模も小さい

という感じです。

ちなみに事業所得の場合は青色申告、雑所得の場合は白色申告で申告をします。

特に難しいことではなく、それぞれ確定申告の種類が違うんだなと思っていただければ大丈夫です。

またそれぞれ、ザックリとこんな感じの特徴があります。

・青色申告の場合は、確定申告の作成が少し複雑。ただもし赤字になったときに、損益通算が可能。

・白色申告の場合は、確定申告の作成が簡単。その代わり青色申告にあるような特典が付かない

損益通算っていうのは、わかりやすく言えば赤字を活用できますよ」という仕組み。

例えば去年30万円の赤字だったとしましょう。今年100万円の黒字になった場合、普通であれば100万円に課税されることになるのですが、なんとここから去年の30万円分の赤字を引いて、課税される金額を70万円に減らすことができるんです。

つまり税金として引かれるお金が節約できますよ、ということです。

 

まとめ

いかがでしたか?

YouTubeで確定申告が必要なくらい収入を得るのは簡単なことではありません。

ただ、いざ自分のチャンネルが成長して収入が増えたときに備えて心構えは必要です。

きっとその頃には確定申告も嬉しい悩みになっているでしょう。

P.S.納税は国民の義務なので、しっかりと納税しましょうね。