a149a63382174802f1964b955a2f9b17_s

ユーチューバーと聞いてまず気になるのが、おそらく”年収”だと思います。テレビのニュースやネットの記事などを見て「え、こんなに稼げるの!」と驚かれた方も多いはず。今回はそんなユーチューバーの年収について、日本のユーチューバーの年収ランキングと併せて説明していこうと思います。

スポンサードリンク

そもそもユーチューバーの年収の仕組みってどうなっているの?

8ae092fd72650c726ebf71b1d2389297_s

ユーチューバーが稼げる仕組みについてはこちらの記事【ユーチューバーとは一体何者なのか?】でも触れましたね。

復習もかねてもう一度簡単に説明すると、ユーチューバーはYouTube上に独自の動画コンテンツをアップロードし、その動画と一緒に広告を掲載することで、対価として広告収入を得ています。

そしてこの広告収入は基本的に「広告のクリック数×広告1クリックあたりの単価」と表すことができるのでしたね。

中には広告を表示させるだけで収入が得られる形式の広告もあるようですが、基本的にはこの構造で考えていいと思います。

と言うのも、少し前にアダルトな方面でYouTubeに動画をアップロードされていた人がいたのですが、その動画の再生回数はかなり伸びたにもかかわらず、その人は広告収入が全然入ってこなかったと話しているのです。

こういったアダルトな動画などの場合、視聴者の心の中では「早く内容が知りたい!」「一刻も早く動画が見たい!」という気持ちが強くなってしまい、あまり広告をゆっくり眺めたりクリックしたりしようとは思わないために、こういった結果になったのだろうと思います。

このことからも単に動画の再生回数が増えればいい、というわけではなく、その中の広告のクリック数が大事になってくることが予想できます。

ユーチューバーの年収を簡単に計算する方法

2175e9675fc8093ab604ead8c4785a5d_s

「広告収入=広告のクリック数×広告1クリックあたりの単価」という仕組みはわかっても、これを基に年収を計算していたらややこし過ぎていやになってしまいますよね。

ですがご安心ください。概算ではありますが、ユーチューバーの年収を簡単に算出できる計算式があります。

「1年間の動画再生回数の合計×0.1」をするのです。

え、たったこれだけ?と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、これがもっとも簡単に年収を計算する方法です。

例えば動画を1本だけアップロードした男性がいたとします。その動画が1年間で100万再生された場合、その男性の年収は「100万再生×0.1=10万円」となるのです。

同じように動画を10本アップロードした男性がいたとして、その動画がそれぞれ1年間で100万再生された場合、その男性の年収は「100万再生×10本×0.1=100万円」となります。

この0.1という数字はおよその数字として出されたもので、ユーチューバーのRadiOyaziさんがYouTubeで稼いだ実体験を基に算出してくれました。

なのでユーチューバーの年収を調べたいのであれば、「1月あたりの合計再生回数×0.1×12か月」として計算すればおおよその年収を算出することができるのです。

ちなみに下記のサイトでは、ユーチューバーの1月あたりの合計再生回数を簡単に知ることができるので、活用してみても面白いかもしれません。

SOCIALBLADE

ではでは次項から、気になるユーチューバーの年収ランキングを掲載していきます。

それぞれのユーチューバーに関しては、また別の記事で詳しく書いていきますので、今回はざっくりとどんな人なのか分かる動画を貼っておきますね。

ユーチューバーの年収ランキング(日本版)

第1位 HIKAKIN(1億1846万4790円)

第2位 マックスむらい(7642万9440円)

第3位 Kan & Aki’s CHANNEL(7452万円)

第4位 レオンチャンネル(6558万5880円)

第5位 はじめしゃちょー(4694万9688円)