YouTube-logo-full_color

最近テレビやニュースなどでも取り上げられることが多くなってきた”ユーチューバー”という存在。何かの動画探そうとYouTubeを開けば、トップページには必ずと言っていいほど彼らの動画が載っています。誰だかは分からないけれど思わずクリックしたことがある、という人も多いはず。

今回は基礎知識として、そもそもユーチューバーとはどういう存在なのか、について説明していきたいと思います。

スポンサードリンク

そもそもユーチューバーとは?

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s

今世間で話題になっている”ユーチューバー”とは、一言で言えば「YouTube上でお金を稼ぐ人」のことを指します。少しザックリしすぎましたかね。より丁寧に言えば、「YouTube上に独自の動画コンテンツをアップロードし、その動画と一緒に広告を掲載することで、対価として広告収入を得ている人」ということになります。

ご存知の通りYouTubeは動画サイトであり、ユーザーはバラエティ、音楽、アニメから政治までさまざまなジャンルの動画を視聴することができます。しかしこれは動画を受け取る側、すなわち視聴者としての側面です。

YouTubeでは、私たちは視聴者としてだけではなく、動画を提供する側、すなわちクリエイターとしての側面を持つこともできます。つまり、自分で何かを撮影したり、動画を編集したり、画像を並べて動画を作ったりして出来上がった作品を、YouTubeにアップロードすることができるのです。

そうすることで、私たちが視聴者として動画を見ているように、自分たちの作品もたくさんの誰かに見てもらうことができるのです。

それではより詳しく、ユーチューバーの稼ぎ方について説明していきます。

ユーチューバーはどうやって稼いでいるの?

c443ceb301d3310efab4ac6519c45e3d_s

前項でも少し触れましたが、ユーチューバーは自分の動画と一緒に広告を掲載することで、対価として広告収入を得ています。では、ただ動画と一緒に広告を掲載するだけでお金がもらえるのでしょうか。

ここで重要になってくるのが、広告のクリック数とクリック単価です。クリック数とは「動画を再生してくれた人たちの中で広告をクリックしてくれた人たちの数」で、クリック単価とは「1クリックあたりもらえる報酬額」ということになります。

YouTubeにおける広告収入は、この2つの要素の掛け合わせによって生まれ、「広告収入=クリック数×クリック単価」として書くことができます。

つまりクリック数が多くクリック単価が高いほど、大きな広告収入を得ることができるのです。(しかしこのクリック単価というものは、私たちの努力で上げられるというものではないので、通常はクリック数を上げることに努力をすることになります。)

YouTubeにおける広告収入がこのような式になるのは、動画と一緒に掲載する広告が「アドセンス広告」だからです。アドセンス広告とは、一言で言えば「広告がクリックされた回数に応じてお金をあげますよ」というもの。

なのでユーチューバーの人たちは、出来るかぎりクリックしてくれる人たちを増やすために、まず母数を増やすこと、すなわち再生回数を増やすこと(=動画を見てくれる人を増やすこと)を目指すわけです。

ユーチューバーはこれからも稼いでいけるの?

68d07b10da2e4b61c51ac0eab20b0816_s

ユーチューバーは、日本では最近になって急に広まってきた存在なので、「ある一種の流行りみたいなものなんじゃないか」「今は稼げていても将来稼げなくなってしまうんじゃないか」と心配になる方も多いと思います。

正直に言えば、これに関しては「100%大丈夫だ!」とか「絶対に稼げなくなる」とか断言することはできません。ただ、現時点でわかっていることがあるので、それについて説明していこうと思います。

まず1つ目として、全体的な「動画」の市場が拡大しているということ。例えば動画広告にスポットを当てると、2014年度の動画広告市場は311億円で、これは前年比の197%に達する数値です。また2017年には、2013年の約5.6倍となる880億円にも到達すると予測されています。

これは動画広告市場についての話ですが、YouTubeにおいても企業がユーチューバーとタイアップして広告動画を作るケースは増えているのです。このことからも、今後ユーチューバーの需要は高まっていくことが考えられます。

そして2つ目として、YouTubeチャネルの多様化が挙げられます。本来YouTubeは、パソコンから視聴するケースが多いサイトでしたが、スマートフォンの普及により、パソコンからだけでなくスマホから視聴する人も急激に増加しました。

(ちなみにこのスマホの普及をきっかけにユーチューバーを始めた人も多いようで、当時ユーチューバーだった人はこの時期が急に収益が増えた時期だと語っていたりします。)

またスマホだけでなく、最近ではテレビからもYouTubeが見られるようになってきており、チャネルの多岐化はますます進み、YouTubeの視聴者も増加していくことが考えられます。

以上の2つを見ると、「これからも稼いでいけるはず!」というポジティブな結論になりそうです。ただ、こういった外部環境的にではなく、システム的に「稼げなくなるかもしれない」という可能性もあるので、最後にそちらについて説明したいと思います。

システム的に稼げなくなるかもしれないとは、つまりYouTubeの構造上稼げなくなる可能性があるということです。これはYouTubeに限った話ではないのですが、プラットフォームに対してコンテンツを提供することで収益が発生している場合、そのプラットフォーム側に何らかの変化があったとき、コンテンツを提供している側にも何らかの影響が出てしまうのです。

YouTubeで言えば、YouTubeというサイトがプラットフォームで、私たちが提供した動画がコンテンツです。つまり例えば、YouTubeがサービス停止してしまった場合、私たちはコンテンツを提供する場を得ることができず、広告収入を得ることができなくなってしまうのです。

あるいはYouTubeがクリック単価を限りなく低く設定するようなことがあれば、どれだけたくさん動画を提供しても、あまり稼げないという状況になってしまうのです。

そういった状況は十分にあり得ます。これが、これからも100%稼いでいける!と断言できない所以なのです。