現役の「大食い選手」「早食い選手」「フードファイター」として活躍するMAX鈴木さんによるMAX鈴木TV。

そのスリムないで立ちに似合わぬ豪快な食べっぷりで、最近テレビ出演等の機会も増えており、じわじわと人気を集めてきています。

そんな最近話題のMAX鈴木TVとその出演者MAX鈴木さんについて情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

MAX鈴木TVとは?わんこそば選手権で新記録?

先述の通り、現役フードファイターことMAX鈴木さんによるYouTubeチャンネルです。

動画の内容は主に(というかほぼ全て!)MAX鈴木さんが全国各地の大盛りメニューや早食いメニューを制覇していくという至ってシンプルなものです。

特に最近では、「第33回全日本わんこそば選手権」において、15分間で632杯という圧倒的な強さで優勝されたときの動画が印象的です。

2位に100杯近くの差をつけての圧倒的優勝でした!15分間は900秒間なので、1杯食べきるのに1.5秒もかかっていない計算になります!しかもそのペースを15分間もキープ。次元が違いすぎますね。

ということでまずはこの「MAX鈴木」という人物がどういう人物なのかを見ていきましょう。

MAX鈴木の基本的なプロフィール!年齢・身長・職業は?

名前:MAX鈴木(本名:鈴木隆将)
誕生日:1980年10月27日(38歳)
職業:フードファイター
身長:181cm

以上がMAX鈴木さんの基本的なプロフィール情報となります。本名については、大食い等の大会出場時には本名によって出場していることから、間違いなさそうです。

以前はMacbee Hollywood Entertainmentに所属していたようですが、今は業務提携という形をとり、本格的に職業「フードファイター」として活動しているようです。

MAX鈴木という活動名については、2015年に「元祖!大食い王決定戦~新絶対王者襲名戦~」において、初出場ながらジャイアント白田さんの新人戦予選の記録を塗り替え、見事初優勝を飾ったことに端を発します。

これを受け、ジャイアント白田さん自身により「MAX鈴木」という命名受けました。以来「MAX鈴木」として活動を続けているようです。

MAX鈴木の知られざる経歴とは?

現在38歳で、2015年に大食い大会で初優勝を飾った時には35歳だったMAX鈴木さん。大食いに出会うまでの日々は「ちゃらんぽらんな人生」であったと言います。

MAX鈴木の学生時代

MAX鈴木さんは本人のブログによると、都立城北高校を卒業後、指定校推薦で大学へと進学します。都立城北高校というと偏差値70の超進学校のようですね。大学についての情報は得られなかったのですが、これほど優秀な高校からの指定公推薦であれば、早慶やMARCHあたりに進学していてもおかしくありませんね!
しかしながら大学に進学したものの、「大学に行って何をすればいいかわからなくなった」という理由でその大学を中退してしまいます。その後は飲食店スタッフや警備員、トラックの運転手まで様々なアルバイトを転々としたと言います。そしてその後最も長く続いた仕事は、「水商売」であったと言います。

MAX鈴木の職業は元キャバクラの店長だった!?

大学中退後、一番長く続いた仕事はキャバクラの店長であったと言います。理由はいたって単純で「女の子が好きだったから」。キャバクラの店長として店舗運営やマネジメントを経験したMAX鈴木さんでしたが、店長として店を運営するという目標を達成してしまい、仕事に対する熱が冷めてしまったようです。そうして10年間続けたキャバクラ店の店長という仕事を捨て、今度は一般企業の営業職に転職したと言います。

人生を変える「大食い」との出会い

普通の営業職の社員として平凡な日々を送っていたMAX鈴木さんの目にふと「大食い王決定戦」の募集が目に入ります。MAX鈴木さんは、幼少期から大食いのファンだったと言います。

当時は大食いアイドルのもえのあずささんの大ファンだったようで、もえあずさんと同じ大食いチャレンジメニューに挑戦したところ、なんなくクリアできてしまったと言います。

そこで、自身の才能に気付いたMAX鈴木さんは大食い王決定戦に参加し、初出場ににして見事かつ優勝を飾り、大食いキングとして華々しいデビューを飾りました。

YouTuberをブログ代わりに投稿して炎上が続いた

当時、大きな大食いの大会は年1回程度と、大食いタレントとしての活躍の場が少なかったということから、自ら活躍の場を作り出そう、ということで目をつけたYouTubeだったそう。

最初はYouTube自体で収益を得るつもり全くなく、ただ純粋に「大食いをひろめたい」という想いからYouTubeを始めたようです。

当初は運営を他人に任せて、LINE LIVEの生放送をそのままYouTubeにアップしていたといい、当時のコメント欄には罵詈雑言が並び、コメント欄で度々MAX鈴木さんが謝罪をするという、炎上さながらの惨状でした。

こちらがMAX鈴木TVが最も荒れていた時期の動画になりますが、コメント欄を見ると確かに否定的なコメントが目立ちます。この状況に耐えきれなくなったMAX鈴木さんは、たまらず「謝罪動画」をアップします。

何か騒動を起こしたわけでもないのに謝罪動画をアップするという異例の事態となってしまいました。そのころ、MAX鈴木さん自身も相当精神的にきつかったようで、フードファイターとしての活動自体をあきらめかけていたと言います。

ドラコさんとのコラボ、そして復活

そんな心が折れかかっていた時期に、同じくフードファイターとして活動をしていたドラコさんからYouTube上でコラボ依頼を受けます。

そこでは、これまでの動画のようにハイテンションなMAX鈴木さんの姿ではなく、素に近い姿が視聴者に好評だったようです。これには、MAX鈴木さん自身も「まだやれんのかな」と希望を見いだせたと言います。
その後、メインチャンネルのほかに、より自分の素に近い部分をさらけ出すサブチャンネルを開設するとこれがまた好評。それ以降、だんだんとYouTube活動が軌道に乗り始めたと言います。生放送向けのハイテンションな動画から、ストイックに大食いに取り組む動画へと方向転換をし,見事成功を収めたMAX鈴木TV。現在では、チャンネル登録者数27万人越えの人気チャンネルとなっています。

MAX鈴木 TVのどん底を支えた嫁の一言

折れかかった心を支えてくれたのは、ドラコさんとのコラボ動画だけではありませんでした。若手フードファイターに台頭を目の当たりにしたMAX鈴木さんは当時「誰とも関わりたくない」と自分の殻に閉じこもっていたと言います。

2016年に出会い、2017年夏に結婚した嫁の通称「ハニコさんも」最初は黙ってみていたものの、たまらず涙を流しながらこう言ったと言います。

「お願いだから、人に迷惑がかかることだけはやめて。大食いどうこうではなく、人として、やめて」
この一言で目が覚めたというMAX鈴木さん。

自分の弱さと真正面から向き合うことができたことで、自身の「成長」を実感できたと言います。アンチコメントに対する考えもそのころから変わっていったようで、「そんな意見もあるんだな」と前向きにとらえることができるようになったと言います。

MAX鈴木は愛妻家?嫁の画像は?子供は?

愛妻家として知られているMAX鈴木さんのTwitterやインスタグラムには度々奥さんの「ハニコ」さんが登場していました。

これまでは、手元や後ろ姿での登場がメインでしたが、この度2018年9月10日にお子さんが生まれたということで、ハニコさんとお子さんのツーショット画像がInstagram上にアップされました!

その画像がこちらです!


奥さん、お子さん共にとてもかわいらしい方ですよね!そんなかわいらしい家族に囲まれながら、子煩悩なパパとしても幸せな生活を送っているようです。

MAX鈴木TVの年収は?

MAX鈴木TVチャンネルは現在約30万人ほどの規模であり、過去30日間の再生数は1000万回を超えています。1再生当たりの広告収入が0.1円だったと仮定しても(実際はこれより多いという話ですが)、今月だけで100万円以上稼いでいることになり、年収でいうと1000万円をゆうに超えている計算になります!

しかも、MAX鈴木TVに付けられる広告の多くは「大食い」にちなんだ食品系のものであり、広告の単価が通常より高いという情報もあります。

これはあくまでも僕の予想ですが、以上の情報を加味して考えると、MAX鈴木さんの年収は1000万~2000万円前後になるのではないかと予想されます。

MAX鈴木のわんこそば/職業/ブログ/炎上/嫁/画像/子供/年収まとめ

いかがだったでしょうか。彗星のごとく現れ「大食いキング」として大食い界において一世を風靡したMAX鈴木さん。

大食い以前の経歴や、華々しいデビューとは裏腹の挫折経験について知って、改めてMAX鈴木さんという人物を眺めてみると、また違った面白さがあるのではないでしょうか。

現在でも現役で日本代表として大食いの世界大会出場するほどの実力を維持しているMAX鈴木さん。これからの活躍も目が離せませんね!

スポンサーリンク
おすすめの記事