最近やたらバチバチしているマホト氏とヘタレビーボーイ氏。

視聴者からしたら、

「なんでこんなに仲が悪いの!?」

「これは企画?それともガチなの?」

「なんかよく分からないけど、喧嘩はやめてぇぇぇ」

と言った感じでしょう(笑)

それもそのはず。

今回のマホトvsヘタレビーボーイの喧嘩が複雑になってしまっている理由は、マホト側の視点から見るか、ヘタレ側の視点から見るかで印象が大きく変わってしまうのです!

というわけで、今回はなにかとYoutube界を騒がせている2人の不仲について、いったい何が起こってしまったのか、分かりやすく解説していきます!

スポンサードリンク

マホトvsヘタレビーボーイ いつから2人は不仲になったの!?

 

カイワレハンマー「カイジンドウ毒沼四重奏」

2015年2月15日に公開された動画ですが、これがきっかえで『マホトvsヘタレビーボーイ不仲説』が生まれました。

キャプチャ

タイトルだけではパッと見分かりませんが、コメント欄ではしっかりと「どっかのビーボーイさんへ」と書かれています。

まぁ普通に考えれば察しますよね(笑)

別に嫌いじゃないが人間

陰口叩くのが大好きなもんで

耳にするよ テメェの噂愚痴が漏れて

話盛ると大変そう そこらへんにしといて

怒ると怖そうだも~ん

カイワレハンマー「カイジンドウ毒沼四重奏」より引用

このように歌詞の中でも、ヘタレビーボーイのことを指していると思われる文章が出てきます。

ただ明確にヘタレビーボーイと書いてあるわけではないこと、一方的なマホトからのディスり企画にも受け取れることなどから、この時点ではまだ大した問題にはなりませんでした。

しかしその3ヶ月後、ついにマホトは名指しでヘタレビーボーイをディスる動画をアップロードします!

 

『La La Bye feat.BEMA / ONION a.k.a Silent Killa Joint』

POLINKEY MOVIEが2015年5月30日にアップロードしたこの動画で、『マホトvsヘタレビーボーイ不仲説』は浮き彫りになります。

※POLINKEY MOVIEとはかずきむぎちゃ氏が運営する動画チャンネルです。

なので正確には「マホト・かずきむぎちゃvsヘタレビーボーイ不仲説」とも言えるでしょう。

2キャプチャ

さらに動画説明欄にもしっかりと「ヘタレビーボーイDis」と書かれ、歌詞も以前より分かりやすく過激になっています。

オイ良いか全て大衆へ晒すぜ
ピエロのケツ引っ叩くぜ
結果Rap gameから転落人生
今じゃ肩身狭くゲン担いでる
BEMAに媚びたりACEに媚びたり
の30半ば だから伸びない

La La Bye feat.BEMA『ONION a.k.a Silent Killa Joint』より引用

いわゆる宣戦布告というやつですね!

さらにこのディスり動画はとどまることなく、追撃Disと称して第2弾の動画もアップロードされます。

『【追撃Dis】Time less dis / Silent Killa Joint【ヘタレ】』

この動画は前作から3日後の2015年6月2日にアップロードされています。

これによりコメント欄も混乱で荒れ狂い、マホトやかずきむぎちゃのファンが同じように、ヘタレビーボーイをディスり始めるという光景が見られるようになりました。

S.Killa One mic comin’ at y’all
公開処刑が今始まった
ガキばっかの信者に媚びた不安
お前にこの先伸びあるか?

Time less dis『Silent Killa Joint』より引用

歌詞の中にもあるように、これらのディスりは”公開処刑”だと宣言しています。

ではそれぞれが主張する不仲説の原因とは何なのでしょうか?

マホト氏の主張

2015年10月16日にマホトがツイキャスで、『マホトvsヘタレビーボーイ不仲説』について語りました。

動画が残っていないので、内容をまとめて載せます。

・昔は一緒にラップをやったりと仲が良かった時期もあった

・しかしあるとき、ヘタレビーボーイがヒカキンをディスる動画を作ろうと言い出したので、「お前とは価値観が合わない」と言ってマホトが距離を置いた

・それに対してヘタレビーボーイが「ユーチューバーが商品紹介するとかおもんない」とディスり動画をアップロードし、商品紹介を頑張ってる後輩たちのことを想いマホトは激怒

・ヘタレビーボーイは謝罪動画を出したものの、「ごめんYO笑」というふざけた内容だったので、より一層激怒し喧嘩勃発

・それから2年ほど経ってハッピーアワーの際に2人は再開したが、関係修復のために謝罪をしたマホトに対して、ヘタレビーボーイが適当にあしらう

・これによってヘタレビーボーイにはまじめに仲直りする気がないと感じ、本格的に嫌いという感情へ変わった

ということが述べられていました。

『商品紹介のディスり』動画と『ごめんYO笑』動画に関してはすでに削除されてしまっているようで、コメント欄の中では証拠隠滅説も流れていましたね。

ちなみに仲が良かったころには、一緒にラップもやっていたようです。

ヘタレ氏の主張

 

『マホトは弱い者いじめをする』

対して、これは2015年10月16日にヘタレビーボーイがアップロードした動画で、マホトに対する気持ちを述べています。

メインの主張としては

・マホトのような登録者数の多い大物ユーチューバーが、ヘタレビーボーイのような弱小ユーチューバーを攻撃するのは”弱いものいじめ”みたいでダサい

・在日とか人種差別をするのは人として理解できない。この歌詞を書いたのがかずきむぎちゃだとしても、そんな人と一緒にディスりをしたマホトも同罪

・アンチや低評価が増え自分のチャンネル企画も被害にあっている

・ただ自分を強くしてくれるきっかけだと思って感謝もしている

という感じです。

とにかく価値観が違うということを主張しています。

マホトvsヘタレビーボーイ 喧嘩の流れまとめ

それぞれの主張と経緯をまとめると下記のようになります。

①2012年頃、昔は仲が良かった

②しかしヘタレのヒカキンディスり提案で、価値観のズレ

③さらにヘタレの商品紹介ディスりで、マホト激怒

④その後Youtube Space Tokyoで再開

⑤マホトが謝罪をするも、ヘタレが適当にあしらったため、マホトが本格的に嫌悪感を抱く

⑥その後、カイワレハンマー『カイジンドウ毒沼四重奏』をアップロード

⑦さらにPOLINKEY MOVIEと組んで公開ディスり動画をアップロード

⑧ヘタレの動画に影響が及ぶくらいにファン・アンチが激化

⑨ヘタレも耐え切れなくなり『マホトは弱い者いじめをする』をアップロード

⑩マホトもこれまでの経緯をツイキャスで説明

⑪そして現在はヘタレが弁護士に相談を持ち掛けているという噂

のようになります。

どちらか一方が完全に悪いというより、少しずつ価値観のズレが生じて、少しずつ熱が増していくうちに、炎上してしまったというような経緯ですね。

なにより全く関係ないのに、ディスろうと企画されていたヒカキン氏が一番かわいそうに思えてきますね(笑)

喧嘩の中身だけ見てみると男子ならよくありそうな喧嘩ですし、本来は仲が良かった2人ということもあって、ここまで関係がねじれてしまったことが本当に残念ですね。

お互いにプライド抜きに非を認めて、理解しあうことができれば、それこそ再生回数も高評価も上がっていきそうなものですが、まだまだこの騒動は続きそうです。