圧倒的不審者の極みの顔はイケメンで年収2000万越え!本名・年齢・職業は?

YouTuberといえば、メントスコーラをしてみたり、ドッキリを仕掛けてみたり、歌を歌ったりなどエンタメ動画が多い中、ただ包丁を研ぎ続けるだけのYouTuberがいるのをご存じですか?

包丁を研ぐだけでなく、武器を作るなど不審者のような振る舞いで人気を得ているYouTuberが『圧倒的不審者の極み』さんです。

今回は、顔出しもしていないため、謎に包まれている部分が多い『圧倒的不審者の極み』さんについてご紹介します。

スポンサーリンク

圧倒的不審者の極みの本名・年齢・職業は?研ぎ方は母親仕込み?


チャンネル名:圧倒的不審者の極み
本名:非公開
生年月日:非公開
職業:サラリーマン
血液型:非公開
身長:非公開
住所:大阪府大阪市

チャンネル登録者数:196万人(2019年1月現在)

このプロフィールを見てもらうとわかるように全てが謎につつまれています。YouTube上で確認できる以外の情報はほとんど漏れていません。

年齢に関しては見た目年齢と働いている事実から20代ではありそうですね。そして大阪府大阪市住みだそうです。

本業はサラリーマンであり、YouTubeは趣味の一環として活動されているようなので、本業に支障が出ないように個人情報の流出に気をつけているようです。

圧倒的不審者の極みさんは、複雑な家庭環境の中で育ったことが本人の口から語られています。

まだ、圧倒的不審者の極みさんが小さなうちに父が亡くなってしまい、女手一つで育てられました。

現在では、家族バラバラで10年以上も実の兄弟と連絡もとっておらず、LINEすら知らないようです。何か喜ばしいことがあっても、それを報告して喜びを共有する親や兄弟がいないとのことです。

母子家庭のため、非常に貧しい暮らしを強いられており家には食べるものがありませんでした。そんな時は冷蔵庫にあった味噌をそのまま舐めたり、カレーのルーを塊のままかじったり、砂糖を舐めたりしていたそうです。

中学生の時には、体育館で履くための学校指定の体育館シューズをスニーカー代わりに履いたり、膝に穴の空いたズボンを履いたりと現代では考えられないような環境に身を置いていました。

そんな環境で育った圧倒的不審者の極みさんが初めて包丁研ぎをしたのは小学校1年生の時です。砥石を使って適当に研いで、刃にカエリが出たら反対側を研ぐということをに教わりました。

そこから包丁研ぎはほとんどしていませんでした。しかし、社会人になって自炊をするようになると母から教わった包丁研ぎの記憶が残っており、思い出に浸りながら包丁を研いでみました。そのことがきっかけでYouTubeにアップしてみようと思ったそうです。

今では連絡もとっていない母から教わった包丁の研ぎ方で世間から注目されているとは何とも皮肉な話だと圧倒的不審者の極みさんは語っています。

スポンサーリンク

圧倒的不審者の極みの性格は?


不気味なイメージのある圧倒的不審者の極みさんですが、真面目な性格をしています。何でものめり込んでしまう性格であるため、1日中仕事のことを考えているそうです。

寝る時にも仕事のことを考えてしまうので寝付きが非常に悪いとのこと。これを解消するには体を限界まで疲れさせれば安眠することができると考えて、山の中をライト片手に3~4時間走り回っていたそうです。

ここでものめり込んでしまう性格が顔を出します

。山の中を走ることにのめり込んでいき、タイムを計るようになってしまいました。毎日自己ベストの更新を狙っていたところ足を疲労骨折してしまいました。このエピソードは普段の動画からもその性格を感じることができますね。

また、本業である会社の人間関係までもストイックです。上司との飲み会も最初の1回目には参加しますが、そこでの会話が愚痴ばかりで具体的な解決案が導き出せない無駄な時間だと判断したら、次回から参加しません。

次に誘われた時には「どのような話をするのか?」と必ず確認すると、きまって「仕事の話をする」という返答があるそうです。すると、圧倒的不審者の極みさんは「飲み会に使うお金と時間で本を読んで勉強した方がよっぽど建設的」と飲み会を断っています。

そんな行動をとると翌日から会社で嫌われ者になってしまっているそうです。そんな中、仕事中に嫌がらせをしてくる上司もいれば、これまでと変わらない態度で接してくる上司もいるようです。

圧倒的不審者の極みさんは「同僚や部下に嫌いな人がいても業務に対してベストを尽くすのがサラリーマンの義務である」と考えています。そのため、嫌がらせをして業務の効率を落とすような上司とは関わらず、嫌いな人とも普通に接して業務を優先できる上司に付いていくようにしているそうです。

サラリーマンであれば上司の機嫌を取ってイエスマンになっている方もいるかと思いますが、圧倒的不審者の極みさんはそうではありません。嫌われることを恐れずに結果を求めて今自分が何をすべきかを常に考えています。

このような思考であるからこそ、本業でも高収入を得られているのでしょう。

圧倒的不審者の極みの年収がやばい?仕事は?

圧倒的不審者の極みさんは本業の源泉徴収票を公開しています。平成27年の年収は10,134,988円で本業の年収だけで1000万円を超えています。翌年は12,059,988円、1年で年収が200万円も増えており1200万円を超える収入を得ています。

なぜ、源泉徴収票を公開したのかというとニートではないという証明のためとYouTuberになりたいという子供に働きながらでもYouTuberになれるということを示したかったからだそうです。

肝心の仕事については、普通の会社員です。パソコンと電話しか触らないような事務職の仕事をしているようです。

何度か転職を経験しており、有名企業に在籍していた時期もあったり、中小企業に在籍していた時期もあったりとさまざまな会社を通じて仕事のスキルを高めっていきました。

その結果、本業だけで1000万円を超える高収入を得られるようになったそうです。

スポンサーリンク

圧倒的不審者の極みの顔の写真は?

圧倒的不審者の極みさんは顔出しをしていませんが、マスクをした状態での動画に出演することがあります。

マスクをしているものの爽やかな印象を受けますね。アップロードしている動画の内容的にもっと暗い感じの不気味な人を想像した方も多いのではないでしょうか?

本業はサラリーマンなので、清潔感のある見た目が必要なのだと考えられます。

圧倒的不審者の極みの海外の反応は?鰹節が好評?

圧倒的不審者の極みさんは初期の頃は本人がマスクにサングラス姿でOP出演してこれからやることを説明していましたが、最近の動画では映っているのは手元のみです。また、英語のテロップが入っており、海外の人でも楽しめる動画作りを意識しています。

そんな中、この錆びた包丁を18時間研いで、切れ味抜群の包丁に生まれ変わらせた動画がバズりました。2000万回を超える再生回数なので、日本人だけではなく、確実に海外の方も視聴していることがわかります。


その後、鰹節やパスタなど食べ物で包丁を作るという動画も人気を得ています。特にパスタで包丁を作る動画はイタリア人から好評のようです。

鰹節やパスタは元々硬い素材なので、包丁にできるのもなんとなく納得できますが、最近の動画では液体である牛乳からも包丁を作り出しているので驚きです。

その他にも段ボールやアルミホイルで包丁を作るなど日常生活の中にある何気ないものを包丁に変えてしまいます。言葉を必要とせず、映像の力だけで人の興味を湧かせていく動画ばかりなので、日本だけでなく、海外の急上昇ランキングの常連です。

スポンサーリンク

圧倒的不審者の極みの意外なコラボ!ゆまちゃんねるとも

このような怪しいチャンネルですから、コラボなどはなく孤独に作業していると想像されている方も多いかと思います。

しかし、圧倒的不審者の極みさんはUUUM所属のえっちゃんねるさんやレベルライフ所属のゆまちゃんねるさんとコラボをしています。


注目のコラボ内容はやはり包丁を研ぐだけでというものでした。

しかも、共演するというわけではなく、圧倒的不審者の極みさんの家に送られてきたえっちゃんねるさんとゆまちゃんねるさんの包丁を圧倒的不審者の極みさんが一人で研いで送り返すという斬新な内容です。

圧倒的不審者の極みの海外/uuum/顔/牛/年収/ランキング/op/ゆまちゃんねる/鰹節/砥石/研ぎ方まとめ

『圧倒的不審者の極み』というチャンネル名と動画内容から犯罪者予備軍のようなヤバイ人が運営しているチャンネルだと思われた方も多いでしょう。

実際には、エリートサラリーマンが真面目に1つのことに取り組んでいる真面目なチャンネルです。時間をかけてクオリティの高い動画を作るという職人の技を視聴することができます。

まずは、錆びた包丁を研ぐ動画から視聴してみましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事
マホト
大人気ユーチューバーのマホトさんには兄弟がいた!?なにやらネット上では「マホトともるさんは実の兄弟なんですか?」という質問やうわさが飛びまわ...