お笑い芸人をやる一方でYouTuberデビューしたカジサック。

カジサックは、2019年末までに登録者数100万人行かなかったら芸人を辞めると宣言しています。

そんなカジサックの現在の登録者数や、名前の由来、YouTuberのシバターとの不仲説などをまとめました。また、カジサックの世間の声や話題の動画なども紹介しています。

スポンサーリンク

カジサックの本名や年齢は?チャンネル登録者数は100万行きそう?

カジサックは、キングコングという名のコンビ芸人です。芸能活動する一方で2018年からYouTuber活動を始めます。

始めたきっかけが、同じYouTuberの水溜まりボンドやフィッシャーズと一緒に仕事をしたことで衝撃を受けたと話しています。また開設同時に発表したの登録者数が2019年末に登録者数100万人達成しなかった場合芸人を引退するとまで発表しています。

そんなカジサックのプロフィールを紹介したいと思います。

カジサックの本名は、梶原裕太(かじはらゆうた)といいます。生年月日が1980年8月7日で現在(2018年)38歳です。身長が163㎝です。日本人男性の平均身長が171㎝と言われているのでカジサックは、平均身長より8㎝も小さいことがわかりました。血液型は、B型で出身地が大阪府になります。

カジサックチャンネルの登録者数

カジサックの投稿動画は、主にトークや検証、お笑い芸人とのコラボ、ドッキリなど様々な動画を投稿しています。また、カジサックの奥さんやお子さんなども出演していて念のためクのお父さんぶりを見ることもできます。

そんなカジサックの登録者数は、60万人とあと少しで100万人と近くなっています。

YouTubeを開設してから約2ヵ月しかたっていませんが様々なYouTuberさんと絡み、カジサックチャンネルという知名度をどんどん上げています。

このカジサックチャンネルの開設と共にキングコングチャンネルの登録者数が増えたようです。

カジサックとしてアメトークに出演?

バライティー番組『アメトーク』にキングコング梶原としてではなくYouTuberカジサックとして出たことで話題になっているようです。

話題となったきっかけが平成ノブシコブシ吉村のコメントで「俺らとコラボじゃなくて自分で勝負しろよ」とカジサックに対し批判していることから始まったようです。

また、平成ノブシコブシの相方徳井は、「YouTuberと芸人でお笑い勝負したら絶対芸人の方が面白い」など話していて、梶原を応援しているコメントもありつつも、YouTuberと芸人を比べるシーンなどもあったようです。

このことに対してネット上の声は、徳井さんのお笑い分析が凄い、芸人もYouTuberも好きだからカジサックには頑張って欲しい、芸人の方がマナーなっているし‥といった感じに賛否両論の意見がありました。

カジサックとシバターは仲が悪い?

シバターがカジサックについて酷く批判していたのち敗北宣言したことで話題となっています。

一連の流れがまず、カジサックがシバターに動画のコラボをお願いしたことから始まったようです。カジサックは、シバターにコラボを依頼しますがシバターは、断ります。その理由が電話での対応が上から目線で嫌だったことを話しています。そのことがわかる動画がこちらになっています。

その後にカジサックが、『しばたーを救いたい』と言う動画を投稿したようなのですが投稿した数時間後に非公開になっています。その内容が、上から目線で言ったつもりはないと説明をしています。他にもシバターをM-1への出場の呼びかけなどしている内容です。

非公開後にカジサックのTwitterで18時に投稿します。と言っていたが18時にも投稿されず、吉本の方からシバターとかかわるなと言われて投稿が出来ないことをTwitterで謝罪していました。

しかしシバターはそのことに対して吉本がらみではなく俺が底辺YouTuberと一緒と指摘したことにより動画を投稿しなかったと言っています。その動画がこちら。

その後ほとぼりが冷めカジサックの知名度が上がっていった頃にシバターがカジサックに敗北宣言をしました。「コケにしていたカジサックに負けてどう思っているか」という題で動画を投稿し、悔しいと言っています。また今後、カジサックからコラボしたいと言われても一度断った以上コラボはしないとも話していました。

この一連のことからシバターとの不仲説が出たようです。

スポンサーリンク

カジサックの名前の由来は?名付け親はラファエル?

カジサックという名前の由来が、かつてのバラエティー番組である『はねるのトビラ』で登場していたキャラクターの名前から来ていると言われています。なので名付け親がラファエルっていうのは、噂に過ぎないでしょう。

カジサックは、キングコングの梶原とは全く別のキャラで活動がしたくて、『キングコング梶原』と名前を付けなかったと話しています。

ちなみにカジサックという言い方にもこだわりを持っているようです。それがこちらの動画で詳しく話しています。

関西と関東じゃ言い方が変わり、またさん付けで言われるとなんかおかしいと思ったようです。ちなみにカジサックのチャンネルにお笑い芸人の後輩が来ることがありますが、その接し方なども話していました。

カジサックがつまらないや嫌いの意見とは?

カジサックのYouTube開設と共に世間からの声は、一体どんなだったのでしょうか。そのことについて詳しく調べてみました。

まず批判の声が、動画自体がテレビみたいで面白くないやテレビ感があってつまらない、大手YouTuberとコラボはずるいなどが上がっています。他にも本気でやるからには編集も自分でやって欲しいやテレビから干されてYouTuberになるのはおかど違いとも言われてしまっています。

続いて応援する声が気が付いたら毎日見ているやしゃべりがうまい、お笑いもYouTubeも辞めてほしくない、頑張って、応援しているなどの意見がありました。批判の反対にカジサックを素に応援するファンも多いようです。

革命を起こしたいと思っているカジサックですが、今後もめげずに頑張って欲しいですね。

カジサックの話題の動画3選

ちなみに一番カジサックの投稿動画で話題となっている動画を3選集めてみました。

同期の南海キャンディーズ山ちゃんと初共演。テレビでは一度も共演をしたことが無かったようです。その2人がガチンコトークをしている動画になります。

この動画は、カジサックが一日ママになる動画です。日頃休みなく家事や育児をやってくれる奥さんに出かけてきていいよと優しいカジサックパパが見れる動画です。

この動画は、カジサックがYouTubeを開始して初めて投稿した動画です。この動画を見ればカジサックがどのくらい本気でYouTuberになりたいのかわかる動画です。

カジサックの登録者数/アメトーク/シバター/由来/つまらない/嫌いまとめ

いかがでしたか?カジサックの現在の登録者数や、名前の由来、YouTuberのシバターとの不仲説などをまとめてみました。

現在登録者数は100万人の半分以上はいっていてシバターとの不仲説は、解消したのではないのでしょうか!

2019年末に登録者数100万人いかなかったら芸人を辞めるカジサックが今後の活躍が楽しみですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事