『ホラフキン』といえば、軽妙な語り口と毒舌で人気のゲーム実況者ですね。

チャンネル登録者数は67万人、総再生回数は4億回を超え、YouTuberとしても上位の人気者である『ホラフキン』ですが、じつは「過去に割れ行為を行っていたのではないか?」という、疑惑の人物でもあります。

さらに『ホラフキン』がついに「リモる」という騒動もありました。「リモる」って一体なんのことでしょう?

今回は、『ホラフキン』に対するこの二つの騒動について、それぞれ調べてみました!

スポンサードリンク

『ホラフキン』は割れ厨?過去の疑惑に迫る!

現在はYouTuberとして人気者の『ホラフキン』は、以前は別の名義で、おもに「ニコニコ動画」の生主として活動していました。ちなみに、その頃から現在もプレイスタイルは変わらず、ホラゲーやバカゲーを中心に実況しています。

その「ニコニコ動画」生主時代は、『ニコニコしん』という名義で活動していたようです。ただし、これは双方の動画の内容や声質・話し方からの推測であり、本人は公言していません。

割れ行為を行った疑惑が持たれているのは、『ニコニコしん』時代です。「割れ」とは、ゲームソフトを正規の手段で購入せず、違法にダウンロードする行為を指します。

2012年、『ニコニコしん』のコミュニティでゲーム実況プレイ中、放送画面に1件のファイルのダウンロード完了を告げるダイアログが映り込みます。そのファイル名とダウンロード先から、「SilentHill Downpour」の違法ファイルをダウンロードしているのではないかという疑惑が持ち上がりました。

該当のゲームは当時日本未発売であり、入手するためには海外から輸入するしかない状態であったのも、その疑惑を強くした一因です。

その後、『ニコニコしん』の割れ行為を検証する動画がニコニコ動画に多数アップされましたが、本人からは一切説明はなく、コミュニティやアーカイブを削除して活動を停止。2013年に、『ホラフキン』の活動が開始されます。

『ニコニコしん』のこの対応が、逆に疑惑を裏付けするような形になってしまい、リスナーから「活動をやめた=割れ行為が事実だったため、逃げた」という判断をされることになってしまいました。また、それまでに『ニコニコしん』が日本未発売のソフトを多数プレイしていたことから、他のソフトも割れ行為によって入手していたのではないかと疑われています。

『ニコニコしん』と『ホラフキン』が同一人物と思われるため、『ホラフキン』は「割れ厨(割れ行為の常習者)」と噂されているようです。

確かに、『ニコニコしん』と『ホラフキン』は同一人物であるように思われますし、問題のソフトのダウンロードについて弁解があるのなら、名前を変える前に説明するべきだったかもしれませんね。

スポンサードリンク

セ○レとの会話がだだ漏れに!「リモる事件」ってなに?

そんな疑惑の持ち主、『ホラフキン』ですが、最近もうひとつ騒動を起こしてしまい、大炎上してしまいました。それが「リモる」事件です。

そもそも「リモる」とはなにかというと、生放送などの配信後、放送時間が終了していない状態で「Flash Media Live Encoder」を切り忘れてしまうと、配信者本人は放送が終了しているつもりなのに、放送枠が終わらない限り音声や映像を拾い、リスナーに向けて流し続けてしまう恐ろしい状態のことです。初めてこの大失態を犯した歌い手『リモーネ先生』の名前が由来となっています。

『ホラフキン』も、放送後「Flash Media Live Encoder」を切り忘れてしまい、その状態のままマイクの前で女性に電話をかけてしまいます。

女性側の音声は当然聞こえませんが、『ホラフキン』の話す内容はすべてリスナーに筒抜け。そのとき酔っていたという『ホラフキン』は、普段の放送からは想像できないような甘ったれた声としゃべり方でリスナーを驚かせました。

しかも、会話の内容から、『ホラフキン』がその女性を彼女にしたくない(できない)こと、にも関わらず体の関係はあること、他の女性との二股疑惑などが判明してしまいました。

この件に関して、『ホラフキン』は後日釈明放送を行い、当時酔っていたこと、電話相手の女性は元々リスナーで、数年来の知り合いであり、フラれるのが怖いので正式に付き合うことができなかったこと、他の女性との話はすべて過去のことであり、その件について電話相手の女性にも相談していて、二股やオフパコなどはしていなかったと説明。失望してしまったファンに対して申し訳ないと謝罪しました。

この騒動をきっかけに、電話相手の女性とは正式に付き合うことになったということで、『ホラフキン』のツイッター上で報告されました。

個人的な事情ですので、べつに謝罪する必要はなかったような気もしますが、結果的には丸く収まったようで何よりですね。

まとめ

人気YouTuberの『ホラフキン』は、ニコニコ動画時代の名義と噂される『ニコニコしん』のコミュニティ放送中に、日本未発売のゲームソフトを違法にダウンロードしていると思われる画面を見られてしまい、割れ厨ではないかという疑惑を持たれています。確証はありませんが、かなり黒に近いグレーではあると思われます。

また、放送後の『リモる』事件により、オフパコ疑惑・二股疑惑なども浮上しましたが、セフレと思われていた女性とは正式にお付き合いすることになり、一件落着。

いろいろとお騒がせな『ホラフキン』ですが、実況者としての実力は確かなものなので、今後は注意して放送してほしいものですね(笑)