イタリアのスペイン広場はどれくらい危ないのか?

spainroma1

はじめしゃちょーが動画の中でも話していたように、スペイン広場は治安があまり良くないことでも有名です。

今回のケースはイタリア人が話しかけてくるというものでしたが、中には日本人が話しかけてくるケースもあるようです。

異国の地で同じ日本人に出会うとどうしても油断してしまうと思いますが、やはりココでも油断は禁物。

日本人に話しかけられて食事に誘われ、食べ終わった後にその人のおすすめのお店に連れていかれる。そして気付いたらお店の鍵も閉められ、自分の周りは強面の外国人たちにぐるっと囲まれて高いモノを買わされる、なんてケースもあるようなのです。

また今回のはじめしゃちょーのミサンガの悪徳商売はかなり有名なケースのようで、同じような被害にあっている人は沢山います。

だいたいの会話の流れとしては、

イタリア人「Are you Japanese?」←どこの国か聞いてくる
観光客「Yes.」
イタリア人「Oh, Ngatomo!Nagatomo!」←有名なサッカー選手とかの名前を出して親近感をもたせる
観光客「Yes,Yes.」
イタリア人「Yeah, my friend!」←しきりに友達アピールをしてくる。友達いないのだろうか
観光客「Yeah!」
イタリア人「It’s free!just a present!」←無料だからといってミサンガを巻いてくる
そして別のイタリア人がやってきてゲームオーバー

という流れが一般的です。

経験上、これはイタリアに限らずどこの国でも存在する手法だと思います。

ではどうすれば被害にあわずに済むのか?

実はめちゃめちゃ簡単で、とにかく無視することが1番の最善策なのです!

外国人に話しかけられると「あぁ、私ってば今国際交流しちゃってる!なんてグロバール女子!るん♪」とか「フフフ、見よ俺のグローバル人材力!今俺最高に輝いてるぜ!」みたいな気持ちが生まれて、ついつい返事をしてしまう人が多いように感じますが、この気持ちをどっかにやるだけでいいんです。

あるいは「返事しないと可哀想かな…無視してたら傷つけちゃうかな…」というマザーテレサの生まれ変わりのような方は、自分が返事をしてカモられることで悪徳商売者たちは味をしめてさらに被害者を増やすことにつながってしまうのだ、と考えればなんとか無視できるのではないでしょうか。

日本で夜に街を歩いていて「お姉さん!お店決まってますか?飲み放題で980円です!」とか「お兄さん!居酒屋とかどうですか?安くしますよ?」とか言われても興味がなければスルーしますよね。

同じように、とにかく知らない外国人に話しかけられても無視をすることが一番大事です。英語でコミュニケーションをとれる人なら相手が本当に困っているかどうかは分かると思いますし、英語ができないならなおさら気をつけなくてはいけません。

もちろん外国人にはたくさん良い人たちもいるのですが、まずは自分の身を守ることが一番大事。

旅行を最高の思い出にするためにも、これから海外旅行をされる方は十分注意して向かいましょう!