『ミラクルぐっち』といえば、軽妙な関西弁の語り口が人気のゲーム実況者!

チャンネル「ぐっちの部屋」の登録者は60万人を数え、その動画再生回数はゆうに10億を超える、トップユーチューバーです。最近は実写動画も多く投稿しはじめ、実況だけでなく本人も広く知られてきた『ミラクルぐっち』。

今回は、『ミラクルぐっち』とはどんな人物なのか、本名や収入等、そのプライベートに迫ってみました!

スポンサードリンク

『ミラクルぐっち』ってどんな人?本名は?

『ミラクルぐっち』は、YouTubeではおもにゲーム実況を投稿している、ゲーム実況者です。最初は「妖怪ウォッチ」から火がつき、「マインクラフト」の実況で、その人気を不動のものにしました。

『ミラクルぐっち』はゲームの腕だけでなく、その話術が人気で、よく雑談放送も行っていますが、それもそのはず、そもそもは兵庫県出身で、大阪よしもとに所属していたこともある、芸人さんだったのです。関西人というだけでおもしろい人も多いですが、大手の事務所に所属していた芸人ということであれば、その話のおもしろさは折り紙つきですね!

しかし、意外なことに、芸人をやめた理由は、まったくウケなかったからなのです。今のおもしろさを知っていると信じられませんが、本人的にはその記憶がトラウマになっているほどだということです。

そんな『ミラクルぐっち』の本名ですが、動画内で公開されています!インターネットで商品を注文した際に、画面に表示された本名は『西口大樹』で、本人もそれを読み上げていましたので、隠す気は特にないようです。『ミラクルぐっち』の『ぐっち』は、本名からきているんですね!

芸人時代から一発逆転の高収入!? 『ミラクルぐっち』の年収は?

芸人時代はまったくウケず、売れなかった『ミラクルぐっち』ですが、現在は大人気ユーチューバー!しかもソロ実況者ということで、かなりの収入を得ているものと思われます。

まずは、単純に再生回数から計算した場合の収入は、推定1億円以上、年収で換算すると5000万円以上という信じられない高額となっています!おそらく、売れない時代は収入が少ないことで有名なよしもと所属だったことから考えても、年収は100倍近くになっているのではないでしょうか。

また、現在はユーチューバーとして人気があることもあり、企業とタイアップしたり、元芸人という経歴を生かして講師の仕事をしたりしていますので、そちらのギャラも多く入ってきていると思われます。とくに、企業とのタイアップはかなりおいしいお仕事のようですね!

それらを総合すると、年収は6000万円以上になるのではないでしょうか。芸人時代からは考えられない、まさしく大逆転と言えますね!

スポンサードリンク

一部では関西弁が不評でモテない? 彼女の存在は?

『ミラクルぐっち』のメインターゲット層は、「妖怪ウォッチ」や「マインクラフト」などのゲームを好む、小中学生をはじめとした学生ですが、若い女性からの人気はどうなのでしょうか。

ユーチューバーにはイケメンも多く、若い女性にアイドル的人気を誇るユーチューバーも多いですが、『ミラクルぐっち』はどちらかというと、「おもしろい」「親しみやすい」といった評判が多いです。さすが、元芸人ですね!

しかし一方で、ネット上では「関西弁がキモい」という厳しい意見もあるようです…わたしはまったくそんな風には感じませんけどね~。

そんな『ミラクルぐっち』に、彼女がいるかどうか、気になりますよね?

本人の発言から、現在は彼女は「いない」ということです!また、過去の女性関係についての質問に対しては、「やめて」と回答を拒否しており、どうも思い出したくない過去がある模様(笑)

高収入でおもしろい『ミラクルぐっち』ならモテそうなものですが、早く素敵な女性を見つけて幸せになってもらいたいですね!

まとめ

「マインクラフト」などのゲーム実況で大人気のユーチューバー『ミラクルぐっち』は、元よしもと所属の芸人で、名前の由来は本名の「西口大樹」からきています。

芸人時代に鍛えた巧みな話術を生かして、現在は再生数10億を超える超人気者。その収入は、およそ6000万円とも推測され、すっかり成功者の仲間入りをしています!

どうやら彼女はいないようですが、こんな人気者をほうっておくわけがありませんので、そのうち彼女ができたと報告があるかもしれませんね。