Fischer’s-フィッシャーズ- ンダホが愛用していた車

”ンダホ号”

初心者マークを付けていた頃から2014年まで、「ンダホ号」はフィッシャーズを影ながら支えていました。

そんなンダホ号が廃車になってしまった時の動画。

一緒に過ごした時間や、メンバーとの思い出がたくさん詰まったンダホ号を大切に想うンダホの姿に、思わず涙腺がゆるみます。

優しいンダホの性格が表れている動画なので、是非チェックしてみてください!

スポンサードリンク

フィッシャーズ ンダホの車「ンダホ号」との別れが泣ける!

 

ンダホ号はンダホが愛用していた車の愛称です。

ずっとフィッシャーズの活動を支えていたパートナーのような存在でした。

ただ年月を重ねることで、どうしても直せない欠陥があちこちに出てきてしまい、どんな車もいつかは廃車になってしまいます。

これはその時の動画です。

フィッシャーズの思い出がたくさん詰まったンダホ号に乗り、いろんな思い出話をしています。

特にンダホに至っては、自分がまだ初心者ドライバーだった頃から一緒に過ごしていたこともあって、人との別れを悲しむかのようにンダホ号との別れを悲しんでいました。

ンダホは本当に心優しんだな~っていうのが伝わってきますね。

あとこの動画へのコメントでもたくさんありましたが、こういった愛車との別れを告げるンダホと、一緒になって別れを告げるメンバーも素敵だなって思います。

フィッシャーズの活動を始めてから。

こいつには色んなとこに連れてってもらったし、

色んなこと教えてもらったし。

本当に感謝しかないよね。

今日でお別れになっちゃうんだけど。

最後にありがとうっていうのを伝えたい。

ンダホ号ありがとう!

ンダホ号4

最後はやっぱり泣いちゃうンダホなのでした。

こういう自分たちに関わってくれた人・モノを大切にする姿勢が、フィッシャーズの人気の根源にあるのかもしれませんね。